Tips

TOEICリーディングの理想的な時間配分とトレーニング法|800点超の超重要テクニック

  • リーディングが最後まで解き終わらない…
  • 時間配分ってどうすればいいの?
  • 時間配分ができるようになるトレーニング法ってあるの?

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

TOEICで800点超を目指していこうと思ったら、リーディングの時間配分は超重要テクニックの一つとなります。

学習段階からしっかりと時間配分を意識してトレーニングすることはスコアアップへと繋がります。

筆者自身、TOEICで初めて800点超を達成した際は普段のトレーニングからリーディングの時間配分を意識しながら問題を解いていました。

この記事ではこんな筆者の経験を踏まえ、リーディングの理想的な時間配分とトレーニング法について紹介したいと思います。

最終的には800点超を目指したいきたい!という人の参考になればと思います。

800点取得に時間配分が重要な理由

アイコン名を入力

時間配分って何で重要なの?

アイコン名を入力

簡単に言っちゃうとPart7での取りこぼしを防ぐためかな!

そもそも論、800点超を目指すのであれば、正答率は80%超、つまり誤答数40問以内を目指していくことになります。

そんな中、リーディングの長文、Part7を最後まで解き終えなかった場合、10問以上取りこぼしてしまう、、そんなことが起きてしまうわけです。

40問しか間違えることができない中、時間切れで10問以上取りこぼすのは、かなり勿体ないです。

パート単位での時間配分を決める

では、どうすればいいのかですが、パート単位に掛けられる時間を普段の学習から意識するようにしまよう。

具体的な配分としては以下の通りです。

Part5:10分以内

Part6:10分以内

Part7:55分以内

もう少しかみ砕いて詳細を解説していきたいと思います。

Part5は10分が基準

Part5は10分以内に問題を解けるようになりましょう。

一問あたり20秒で解いていくこととなります。

初めて時間を測って解いてみると、一問20秒はかなり難しいと思うかもしれませんが、繰り返し行っていると、自然にできるようになってきます。

とにかく、まずは面倒くさがらずに時間を測って解き始めることが重要です。

尚、800点超を目指していくのであれば、空所の前後だけを選んで選択肢を選ぶ解き方はおすすめしません。

なぜならたまに罠が仕掛けられているからです。

むしろ、Part5も「全文読んで20問以内で選択肢」できるようになれば、結果的にPart7長文読解の対策にも繋がります。

テクニックではなく正攻法で攻略できるように普段からトレーニングを行いましょう。

Part6は10分が基準

Part6は10分以内に問題を解けるようになりましょう。

一問あたり37.5秒で解いていくこととなります。

短文の中で空所を埋め問題が出題されるPart6ですが、Part6に特化した対策というのは特に必要ないです。

Part5とPart7の対策がPart6の対策になるからです。

が、本番では10分以内にPart6を解き切るということを意識しましょう。

Part7は55分が基準

Part7は55分以内に問題を解けるようになりましょう。

一問あたり1分で解く、と覚えるのがおすすめです。

800点超を目指す中でPart5を10分以内に解き終える力を身に付ければ、場合によってはPart7を55分以内に解き終えることができるようになっている可能性もあります。

しかし、それでも55分以内に問題を解き終えることができない人は、「同じ長文問題を繰り返し説く」 ということをやってみてください。

何度も同じ長文を読み込むことによって、1問1分で解き終えるためにスピード感が体に染みついてきます。

時間配分のトレーニングができるおすすめの教材

結論としては手持ちの教材を使ってトレーニングをするのが最も安上がりです。

ただ、電車での移動時間などに勉強をしている人は教材を開きながら時間を測って問題を解くのが中々現実的ではありませんよね。

そういった方は問題に制限時間を自動でつけてくれるスマホアプリを検討してみましょう。

筆者のイチオシはスタディサプリですが、abceedもいいと思います。

両方とも無料体験可能です。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

abceedの無料体験はこちら!

尚、スタディサプリとabceed proの比較記事も興味があれば読んでみてください。

まとめ:リーディング時間配分は超重要テクニック

この記事では800点超のための超重要テクニックであるリーディング時間配分について解説しました。

悩んでいる人の参考になればと思います。