おすすめ教材

「でる1000」はアプリ版(abceed)が超効率的な理由5選

TOEIC女子

TOEIC Part5の英文法対策に「でる1000」(TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問)がおすすめって聞いたんだけど、書籍とアプリはどっちがおすすめ?

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

この記事では書籍の「でる1000」を累計約20時間、アプリの「でる1000」を累計約30時間やり込んだ筆者がそんな悩みを解決します!

結論として、筆者イチオシはアプリ版(abceed)の「でる1000」です!

書籍版はPart5のミニ模試をできるの強みではあるのですが、アプリでは超効率的に「でる1000」を進めることができます。

本記事では「でる1000」をアプリ(abceed)が超効率的な理由を5つ紹介し、とは言っても書籍版の方が優れている点も紹介していきます。

そもそもPart5は重要なのか?

TOEIC女子

そもそもPart5ってそんなに重要なの?長文対策とかの方が重要なんじゃ…。

じょーだん

Part5はテキトーでいい。そう思っていた時が僕にもありました…。

「でる1000」のアプリ版の素晴らしさを説明する前に、簡単にPart5をやり込むこと効果を簡単に説明したいと思います。

一言でいうと、Part5を10分以内に解く力はリーディング全体のスコアアップに繋がります。

なぜなら、Part7長文に時間を温存できれば、『自分が思っているよりも』解ける問題が多くなるからです。

実はPart7ってそこまで難しくない問題が後半に紛れ込んでいることもありますからね。

つまり、Part5をやり込んで得られる「Part5を10分以内に解く力」は TOEIC超重要スキルの一つです。

じょーだん

ちなみにPart5だけじゃなくて総合的な対策がしたいのであれば スタディサプリ ENGLISH がイチオシ!

https://www.officeworker-eigo.com/toeic-bestsolution/

「でる1000」はPart5の対策に有効?

TOEIC女子

なんとなくPart5やり込むのが大切なのはわかった。で、「でる1000」ってどんな教材なの?

じょーだん

準公式問題集って勝手に呼ぶ人もいるくらいの定番教材だよ。

「でる1000」とはTOEIC Part5の英文法対策に使える超定番教材です。

著者は「金のフレーズ」も手掛けているTEX加藤氏。

タイトルでは1000問と書いていますが、実際には1049問の問題が収録されており、前半は文法単元毎の問題集、後半は本番を想定したミニ模試ができる30問1セット問題集×13という構成となっています。

対象レベルはTOEIC500~900点の方ですので、いわゆる中級者向けの教材ではありますが、これ一冊を完璧にやり込めばPart5は安定して高得点を狙えるでしょう。

実際に筆者も「でる1000」を始めて以来、Part5の正答率は8割以上をキープしていると思われます。

じょーだん

もちろんTOEIC本番での正確な正答率は当然わからないんだけど、模試とかから察するに8割以上は安定して正解できてると思う。文法問題集はほとんど「でる1000」のみ!

「でる1000」をアプリ(abceed)が超効率的な理由5選

TOEIC女子

「でる1000」のこともなんとなくわかってきたけど、どうしてアプリでやると超効率的なの?

じょーだん

一言でまとめると、abceedとの相性がヤバい。(いい意味で)

ではここから、本題である「でる1000」をアプリ(abbeed)で始めるべき理由を5つ紹介します。

結論としては以下の5つの特徴により、効率的に1049問へ取り組むことができるからです。

  1. スキマ時間で問題を解ける(最短1分から!?)
  2. 解答時間を設定できる
  3. 間違えた問題や自身のない問題をアプリ(abceed)に記録できる
  4. 解説で問題の音声をすぐに聞ける
  5. 復習がし易い

スキマ時間で問題を解ける(最短1分から!?)

特に忙しい社会人が「でる1000」の1049問をやり切ろうと思った場合、スキマ時間の有効活用しないと、かなり厳しいのではないかと思います。

いかんせん問題数が多いので、スキマ時間などを上手く使って進めないと挫折の原因にもなりかねません。

そんな時はやはりスマホでの学習が便利です。

スマホで「でる1000」を解ければ、スキマ時間にサッと問題を解くことができます。

仮に1問解くのに20秒かかり、解説を読むのに40秒かかったとしても、1分れば1問解けます。

ストイック過ぎるように聞こえるかもしれませんが、本気で「でる1000」を攻略したい場合、この辺の工夫はかなり大切です。

「スキマ時間の徹底活用が不可欠!」くらいに考えてもいいと思います。

解答時間を設定できる

アプリ版(abceed)では「1問あたりの解答時間」を設定することができます。

書籍で取り組む場合は自分で時間を測るのが案外手間なのですが、アプリであればひと手間省くことができます。

ちなみにPart5は一問20秒で解くことが一つの目標ですが、アプリ版(abceed)では 「1問あたりの解答時間」は変更可能です。

最初は30秒くらい設定し徐々にステップアップしていく、というやり方も可能ですので初心者にも優しいです。

間違えた問題や自信のない問題をアプリ(abceed)に記録できる

アプリ版(abceed)は間違えた箇所を自動で記録し、自信のない問題にチェックマークを付けることもできます。

後々の復習が非常にし易くなるので、地味ですがめちゃくちゃ便利です。

解説で問題の音声をすぐに聞ける

アプリ版(abceed)は問題を解いて後の解説ページから問題の音声をすぐに聞ける。

もちろん音声を必ず聞く必要はないのですが、例えば語彙問題など、音声を聞いた方が記憶にも定着し易いような問題もありますので、この機能はあった方が便利です。

ちなみに書籍版を購入した人もアプリ版(abceed) で音声を聞くことはできるのですが、音声を探すまでが少し面倒なので、ちょっと手間です。

復習がし易い

アプリ版(abceed)は復習機能がかなり充実しています。

具体的に「〇日前に間違えた問題を復習する」という設定もできますし、それが面倒な場合は「忘却曲線に沿った復習」というのもすることができます。

「忘却曲線に沿った復習」は「復習のタイミングがよくわからん!」という人にはかなりおすすめできる機能です。

アプリ(abceed)での購入方法は要注意!

TOEIC女子

「でる1000」のアプリ版(abceed)が効率的なのは分かってきたけど、そもそもabceedってなんだっけい?無料版と有料版があるの?

じょーだん

そうなんだよね。

ややこしいんだけど、abceed無料版で「でる1000」を個別購入する、でいいと思うよ!

abceedは教材使い放題の「abceed pro(月額有料)」、「Free(無料)」というプランがあります。

「abceed pro」の教材使い放題には「でる1000」も含まれるのですが、筆者としては、abceedは「Free(無料)」で、「でる1000」を個別購入(abceedアプリ内購入)するのがおすすめです。

abceed Proの教材使い放題は画期的ではあると思うものの、毎月1冊新しい参考書を買うくらいの料金は掛かるので、実際はあまりコスパよくないです。

ちょっと別の話になってしまいますが、abceed proを契約するのであればスタディサプリの方がおすすめです。

この辺の詳細に興味がある方は是非以下の記事を読んでみてください。

https://www.officeworker-eigo.com/toeic-bestsolution/

書籍版のメリットは?

TOEIC女子

「でる1000」をアプリが効率的なのはわかってきたけど、書籍でやるメリットはないの?

じょーだん

書籍のメリットもあるよ!それもちゃんと紹介します!

書籍の「でる1000」では30問を10分以内に解くためのトレーニングとして「Part5セット問題(Part5のみのミニ模試)」をすることができます。セット問題は13回分用意されています。

アプリ版でもセット問題は解けますし、 「1問あたりの解答時間」 は設定できるのですが、一問解く毎に解説が入るため、本番のように連続で30問解くことはできません。

逆に言うと、 時間を測って30問連続で解くトレーニングをしたいのであれば書籍一択です。

じょーだん

他の教材との兼ね合いもあるかもね。公式問題集とか持っていれば、時間管理のトレーニングできるし。

まとめ:アプリ版(abceed)では「でる1000」を超効率的に学習可能

この記事では「でる1000」のアプリ版(abceed)が超効率的な理由を5つ紹介しました。

「でる1000」でアプリ(abceed)と書籍で悩んでいる人の参考になれば幸いです。