Tips

スタディサプリTOEICとabceedを徹底比較!最強アプリはどっち?

TOEIC対策アプリでこんな悩みを抱えていませんか?

TOEIC女子

スタディサプリTOEICとabceedどっちも評判いいけど、おすすめは?

この記事ではそれぞれのアプリを100時間以上使った筆者がこんな疑問にお答えします!

結論としては、成功法で着実にスコアアップを目指すのであればスタディサプリ、AIを活用した学習方法を試したい方にはabceedがおすすめです。ただし、筆者が過去の自分にどちらかを一つを勧めるのであれば、スタディサプリを確実に勧めます。(ちなみにここで言うabceedとは有料版の「abceed pro」のことです)

スタディサプリは問題を一問ずつじっくり解いていくという設計となっており、時には動画を使った解説も観ながら、しっかりと理解を深めながら学習を進めることができます。

多くの人が途中で気付くはずですが、TOEICスコアアップを目指すために必要なことは「多くの問題を解くこと」ではなく、「(特に自分の弱点を補強できる)質の高い問題に腰を据えて取り組むこと」です。

スタディサプリは自然に高スコア獲得できるような学習法が取り組まれています。

一方、abceedの有料版(abceed pro)はAIを活用した問題レコメンド機能が最大の特徴です。

これを使うと自分のレベルや弱点対策に適した問題を自動で出題してくれます。

しかし「おすすめ問題」は選出する問題や復習のタイミングが基本全てAI任せなので、TOEIC対策の全てをabceedのAIに委ねるという気概が無ければ使いこなせません。

また、もう一つの特徴である「150冊以上の教材使い放題」ですが、そもそも論、一か月にやり込める教材の数はそこまで多くはないので、冷静に考えるとそこまでコスパよくありません。

「教材使い放題」が目的でabceedの有料版(abceed pro)に課金するのであれば、個別に教材購入した方がいいです。

じょーだん

冒頭からabceedに辛口すぎる気もするけど、本音です…!

ただし、両方ともスマホで気軽にできるTOEIC対策アプリという観点では非常に魅力的です。

筆者のおすすめはスタディアプリですが、合う合わないもあるとは思うので、面倒でなければ両方を無料体験することをおすすめします。

無料体験は以下のリンクより申し込み可能です。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

筆者のスタディサプリ体験談はこちら!

abceedの無料体験はこちら!

本文ではスタディサプリとabceed有料版(abceed pro)の特徴をより深く解説していきます。

スタディサプリとabceedはどこが違う?

よく比較される2つのTOEIC対策サービスですが、実はかなりコンセプトが違います!

まずは大まかに比較すると以下のような違いがあります。

スタディサプリ TOEICabceed pro
月額料金3,278円2,200円
コンテンツオリジナル市販教材がベース
進め方正攻法AI活用

単純な金額はスタディサプリの方が安いです。

しかしそれよりも重要なのはコンテンツの中身と進め方が全然違います。

ここを理解した上で比較しないと「あれ、、なんか思ったのと違う…。」と感じることになるでしょう。

そこで両サービス特徴を紹介しつつ、比較していきます。

『abceedにはない』スタディサプリの特徴

まず最初に筆者のおすすめであるスタディサプリの特徴を全て挙げると以下の通りです。

  1. 問題毎にトレーニングが設定されている
  2. 関正生講師の解説動画が100本以上
  3. スコアアップの実績多数 ← 筆者もスタディサプリで800点超を果たしたその一人です
  4. スマホ・PCでTOEIC対策すべてを完結
  5. 本番に近い問題形式の「実戦問題集」は、PART1~PART7全てに対応
  6. TOEICテスト20回分相当の実戦形式問題・解説を収録
  7. 中学レベルの学び直しからハイスコア対策まで対応
  8. 中学校の基本英文法からやり直せる、講義動画と演習問題もあるので初級者も安心
  9. 最短1回3分からのTOEIC対策

①②が明らかにabceedにはない特徴ですので、本記事ではこの点を解説していきたいと思います。

問題毎にトレーニングメニューが設定されている

スタディサプリではリスニング、リーディング共に問題毎にトレーニングメニューが設定されています。

まずはリスニングについて説明します。リスニングは基本的に全問題に以下の構成となっています。

  • 演習問題
  • ディクテーション
  • シャドーイング
TOEIC女子

ディクテーションとシャドーイングって何?

じょーだん

ディクテーションは聞いた英語を文章に書き出すトレーニング、シャドーングは聞いた英語を追い掛けるように発生するトレーニングだよ。スコアが伸びてくると実感するけど、このトレーニングしっかり取り組むのはリスニング対策でめちゃくちゃ重要!

ここで簡単にディクテーションとシャドーイングがなぜ重要なのか解説します。

TOIECの問題でディクテーションを行うと、問題を解けなかった原因が「語彙の問題か?」「文法知識の問題か?」「発音の問題か?」「記憶への定着(リンテンション)の問題か?」「選択肢に惑わされたのか?」などを可視化できるのです。問題が特定できれば、その後の対策がし易くなります。

また、シャドーイングを正しく行うと、正しい音声で英語の内容を理解できるようになります。

つまり、ディクテーションとシャドーイングはリスニング能力向上には超有効なトレーニングなのですが、スタディサプリでは全問題でこのトレーニングが設定されているのです。

少し極端ですが、ディクテーションとシャドーイングの効果を知らなくとも、とりあえずスタディアプリのトレーニングに愚直に取り組めば、リスニング力が上がるようになっています。

TOEIC女子

こんなに大事なの、トレーニング知らなかった…。

じょーだん

気持ちはわかるよw

実はスタディサプリで800点取った後、900点超を目指してリスニング対策を改めて色々調べた結果、スタディサプリの作り込みのヤバさに驚いたんだよ。めちゃくちゃ合理的にスコア上がるように設計されてる。真面目にトレーニング通りやれば絶対リスニング400点は超える。っていうか、実際440点取れたもんね。

続いてリーディングについて説明します。ここではPart 7 長文問題について紹介しますが、基本的に全問題に以下の構成となっています。

  • 問題演習
  • 単語・イディオムチェック
  • 本文チェック(精読)
  • スピード音読
TOEIC女子

これもやっぱり大事なトレーニングなの?

じょーだん

うん、これもめっちゃ大事w

長文対策をしていく上で重要なのは、「わからない部分をなくすこと」と「読むスピードを上げること」です。

そのためには、わからない単語や表現をなくした上で、早く読むトレーニングをする必要があるのですが、スタディサプリでは全問題にそのためのトレーニングメニューが設定されています。

TOEIC女子

自分で買った参考書やってると、ついどんどん進めちゃうんだよね。。

じょーだん

ほんと気持ちわかるw

これも実はスタディサプリで800点取った後、900点超を目指してリーディング対策を改めて色々調べた結果、スタディサプリの作り込みのヤバさに驚いたんだよ。このトレーニング法も色んなところで超重要って言われてるやり方だからね。

で、abceedってこういうトレーニングメニューないんだよね。。(後で詳しく書くけど)

関正生講師の解説動画が100本以上

TOEIC女子

えーっと、、 関正生さんって誰だっけ?

じょーだん

TOEIC界の超有名講師だよ!

問題の解説読んでもわからない時ってありませんか?

スタデイサプリは動画解説もあるのが大きな強みとなっています。しかも解説はTOEIC界での多くの実績を持つ関正生講師です。

この方の解説については、筆者が解説するよりも実際の解説動画(サンプル)を観ていただくのがいいと思うので、いくつか紹介したいと思います。

このような解説動画が通常の文字解説に加えて、140ほど収録されています。

特に英語学習初心者は解説を読んでも理解できないこともあるでしょうから、動画解説は超有効です!

じょーだん

そうだよね。細かい部分で色々違うんだけど、重要な部分をまとめてんみたよ!

『スタディサプリにはない』abceed有料版(abceed pro)の特徴

続いて、abceed有料版(abceed pro)の特徴を解説します。

abceed有料版(abceed pro) の特徴を全て挙げると以下の通りです。

  1. 教材使い放題 (150冊以上)
  2. 問題レコメンド
  3. 予測スコア
  4. TOEIC® オンライン模試
  5. 辞書 (ウィズダム英和・和英辞典など)
  6. 登場単語一覧 (一括MY単語追加)
  7. MY単語帳
  8. MyBook無制限登録
  9. 学習時間・学習問題数分析
  10. SWトレーニング
  11. ニュース (The Japan Times Alpha)

この中でTOEICのスコアアップを目指していく上で重要になる「教材使い放題(150冊以上)」と「問題レコメンド(おすすめ問題)」という機能でしょうか。

そこでこの2つの機能について、深堀して解説します。

教材使い放題(150冊以上)

TOEIC女子

教材使い放題機能すごい!

じょーだん

うーん、、それが思ったよりコスパ悪いって話もあってさ。。

そもそも論、本気で一つの教材をやり込もうと思うと、1ヵ月で1冊が限界じゃない?

TOEIC女子

う~ん、そんな気も…。じゃあこの機能は意味ないの?

じょーだん

いや、もちろん便利な時はあるよ。

自分に合う教材がよくわからない時に気軽に色んな教材試せるのは便利だよね!

というわけで、一般的にコスパいい!スゴイ!と言われているabceedの教材使い放題ですが、筆者はそこまで価値を感じませんでした。

理由は上記の通り、「いや、、そんなに沢山の教材使わないよ!」というものです。結局使う教材は偏ってきますしね。。

お試しで色んな教材を試せるという点では魅力はあるのですが、コスパに魅力を感じて abceed有料版(abceed pro) 使うということであれば、ちょっと違うんじゃないかな?というのが筆者の感想です。

問題レコメンド機能(おすすめ問題)

TOEIC女子

問題レコメンド(おすすめ問題)ってどうなの?

じょーだん

多分abceedの真髄はここなんじゃないか、、と個人的には思ってるよ!

TOEIC女子

じゃあいいんだ!

じょーだん

ただちょっと問題が。。

TOEIC女子

えー…(abceedに何か恨みでもあるの…?)

じょーだん

おすすめ問題って、abceed proに収録されてる教材から自分のレベルにあったものとか、弱点対策できる問題をAIで判定して出題されると思うんだけど、色んな教材つまみ食いで進める感じになっちゃうんだよね。

TOEIC女子

何回も同じ問題解いたりはできないの?

じょーだん

一応できるんだけど、「おすすめ問題」で解いた問題の復習はやり難い。

「おすすめ問題」ずーっとやってると自動で復習として同じ問題出たりするんだけど、タイミングはAIの判断だから、自分がどこまで理解できたのかよくわからなくなっちゃうんだよね。(予測スコアもイマイチな感じするし…)

というわけで、一般的にスゴイ!と言われているabceedのAIによるおすすめ問題ですが、筆者はあまりここに価値を感じることができませんでした。

そもそも弱点特定をガッツリ意識してTOEIC対策進めるのって800点以上持ってる上級者ですよね?

が、弱点特定はAIを使わなくとも、自分のレベルに応じた教材を使えばできますよね。

弱点特定をabceedのAIに全て任せて数ヵ月勉強するのはちょっとリスクだな、、と筆者は感じました。

一方、初心者にとって「おすすめ問題」がどうなのか?というのも少し考えてみた。

が、そもそも論、初心者が欲しいのって「おすすめ問題」っていうか、「分かり易い解説」ですよね。

なので、おすすめ問題目的でabceed契約するのも少し違うのかなー、と筆者は思っています。

abceedの魅力を補足

ここまで散々abceedにとっては厳しい評価をしてきた筆者ではありますが、abceedにも魅力はありますので、補足したいと思います。

オンライン模試&予測スコア機能はモチベ維持に使える

TOEICオンライン模試&予測スコア機能はモチベ維持に役立ちます。

オンライン模試とは最短15分30問の模試から、本番と同じ120分200問の模試まで受けることができる機能です。

模試スコアはその場ですぐに確認できますし、今までの学習成績を踏まえた予測スコアも即時算出してくれます。

色々とabceedに厳しい意見を言っている筆者ですが、この機能は最高に面白いです。

スタディサプリにはない機能でもあります。

『教材を固定すれば』効率的に教材をやり込める

「教材使い放題」や「問題レコメンド機能」はあまりおすすめではありませんが、教材を固定した場合、abceedではかなり効率的に一つの教材をやり込むことができます。

例えば、TOEICの超定番教材「でる1000」などもabceedを活用することでかなり効率的にやることができます。

この場合は有料版(abceed pro)を購入する必要はなく、フリープランで「でる1000」アプリ内購入する方がお得感あります。

具体的なやり方などの詳細は以下の記事にまとめていますので、興味のある方はご参照ください。

まとめ:筆者はスタサプ派。まずは無料体験がおすすめ!

この記事ではスタディサプリとabceedの特徴を踏まえた上で、筆者としてはスタディサプリが多くの人におすすめできるということをお伝えしました。

abceedには厳しい評価となってしまいましたが、合う合わないもあると思うので、まずは無料体験をしてみることをおすすめします。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

abceedの無料体験はこちら!