Tips

スタディサプリTOEICとabceed proを徹底比較!最強アプリはどっち?

TOEIC女子

スタディサプリTOEICとabceed pro※、どっちも人気ありそうだけど、おすすめは?

※abceed proとはabceedの有料プランです。無料のabceed Freeプランもあります。

この記事ではそれぞれのアプリを100時間以上使った筆者がこんな疑問にお答えします!

結論としては、TOEICスコアが730点以下であればスタディサプリTOEICがおすすめです。

それに対しabceed proは730点以上の上級者におすすめ、、と言いたいところではありますが、現時点880点の筆者はそもそもabceed proを積極的におすすめしないです。(上級者になってから実際に3ヵ月使った上での感想です)

そこで本記事ではスタディサプリTOEICとabceed proを比較しつつ、記事の後半で巷では「上級者におすすめ」と言われているabceed proをそもそも筆者がおすすめしない理由にも触れていきたいと思います。

とは言っても、両アプリとも無料体験可能です!

面倒でなければ両方無料体験することがおすすめです。無料なので!

無料体験は以下のリンクから申し込み可能です。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

abceedの無料体験はこちら!

この記事を読んだ上でどちらを体験するか決定したい方は引き続き記事を読み進めていただければと思います。

スタディサプリTOEICとabceed proの特徴を比較

TOEIC女子

このアプリってよく比較されてるけど、ぶっちゃけ同じようなアプリなんじゃないの?

じょーだん

確かによく比較されるし、スマホでどこでも出来るってところは同じなんだけど、実は結構違うんだよね…。

というわけで、比較表を作成しました。

スタディサプリTOEICabceed pro
月額料金 ~3,278円~2,200円
スマホ学習可能可能
PC学習可能可能
コンテンツオリジナル市販教材がベース
おすすめ問題なしあり
動画解説 ありなし
トレーニングメニュー あり なし
予測スコアなしあり
おすすめできる人730点以下の人???

この2つのアプリを比較するにあたって注目すべき特徴は比較表の赤字部分です。

スタディサプリTOEICは成功法で着実にスコアアップを狙っていける機能・特徴を持っているのに対し、abceed proは予測スコア機能は面白いものの「おすすめ問題」にクセがあります。

とは言っても、もう少し詳しく説明をしないと納得できない部分もあると思うので、更に詳細を解説します。

スタディサプリTOEICで注目すべき特徴

スタディサプリで注目すべき特徴は動画解説とトレーニングメニューがあることです。

これらはabceed proと比較する上で重要な部分です。

神授業と言われた関正生講師の解説動画が100本以上

TOEIC女子

えーっと、、 関正生さんって誰だっけ?

じょーだん

TOEIC界の超有名講師だよ!

スタデイサプリTOEICは動画解説があるのが大きな強みです。

しかも解説はTOEIC界での多くの実績を持つ関正生さんです。

この方の解説については、実際の解説動画(サンプル)を観ていただくのがいいと思うので、いくつか紹介したいと思います。

さすが神授業と言われるだけあり控え目に言ってめちゃくちゃ分かり易いです。

このような解説動画が140本以上収録されています。(もちろん、文章での解説もあり)

特に英語学習初心者は解説を読んでも理解できないこともあるでしょうから、動画解説は超有効です!

作り込まれたトレーニングメニュー

続いてスタディサプリTOEICの「トレーニングメニュー」について解説します。

スタディサプリTOEICではトレーニングメニューというものがあります。

これらのトレーニングは独学をしているとついついサボりがちなのですが、スタディサプリTOEICでは問題毎に設けられているため、自然と習慣化されます。

具体的にはリスニングでは「ディクテーション、シャドーイング」、リーディングでは「単語・イディオムチャック、音読」がといったものが、問題の後に設定されています。

リスニングのトレーニング内容は?

ディクテーションとは聞いた音声を書き起こすことで、シャドーイングとは聞いた英語を追い掛けるように発声するトレーニングです。

これらのトレーニングはリスニング力向上に繋がります。

特にディクテーションの効果は控えめに言ってかなり絶大ですが、実は以下のような弱点があります。

  1. ディクテーション自体、難易度が高い
  2. 書き起こしの準備・スペース確保が手間

しかし、スタディサプリTOEICではこれらの弱点を見事に克服しています。

まずは実際の画面をご覧ください。

ご覧の通り、文字入力でいい感じのヒントが出るので、ディクテーションの難易度がかなり下がっているのがわかると思います。

もちろんノーヒントにすることも可能です。

また、スマホ一台で取り組めるため、準備・スペース確保の手間が一切かかりません。

リーディングのトレーニング内容は?

リーディングでは「単語・イディオムチャック、スピード音読」が長文問題に設定されています。

これらのトレーニングが「わからない部分をなくすこと」と「読むスピードを上げること」に効果的です。

abceed proで注目すべき特徴

abceed proは150冊以上の中からAIが選定した「おすすめ問題」を解いていくのが基本的な使い方となります。

では、なぜ筆者はスタディサプリ派なのか、ここからいよいよ核心に迫っていきたいと思います。

おすすめ問題をAIが出題

TOEIC女子

問題レコメンド(おすすめ問題)ってどうなの?

じょーだん

多分abceedの真髄はここなんじゃないか、、と個人的には思ってるよ!

TOEIC女子

じゃあいいんだ!

じょーだん

ただちょっと問題が。。

おすすめ問題って、abceed proに収録されてる教材から自分のレベルにあったものとか、弱点対策できる問題をAIで判定して出題されてるみたいなんだけど、色んな教材つまみ食いで進める感じになっちゃうんだよね。

TOEIC女子

何回も同じ問題解いたりはできないの?

じょーだん

一応できるんだけど、「おすすめ問題」で解いた問題の復習はかなりやり難い。

あと、「おすすめ問題」って復習のタイミングも基本はAIの判断で進めることになるから、自分がどこまで何を理解してるのか、よくわからなくなっちゃうんだよね。

というわけで、一般的にスゴイ!と言われているabceedのAIによるおすすめ問題ですが、筆者はあまりここに価値を感じることができませんでした。

そもそも弱点特定をガッツリ意識してTOEIC対策進めるのって800点以上持ってる上級者ですよね?

が、弱点特定はAIを使わなくとも、自分のレベルに応じた教材を使えばできますよね。

弱点特定をabceedのAIに全て任せて数ヵ月勉強するのはちょっとリスクだな、、と筆者は感じました。

また、「おすすめ問題」は選出する問題や復習のタイミングまでもが基本全てAI任せなので、TOEIC対策の全てをabceedのAIに委ねるという気概が無ければ使いこなせません。

一方、初心者にとって「おすすめ問題」がどうなのか?というのも少し考えてみました。

が、そもそも論、初心者が欲しいのって「おすすめ問題」っていうか、「分かり易い解説」ですよね。

なので、初心者がおすすめ問題目的でabceed契約するのも少し違うのかなー、と筆者は思っています。

予測スコア機能はモチベーション維持に役立つかも

TOEICオンライン模試&予測スコア機能はモチベ維持に役立ちます。

オンライン模試とは最短15分30問の模試から、本番と同じ120分200問の模試まで受けることができる機能です。

模試スコアはその場ですぐに確認できますし、今までの学習成績を踏まえた予測スコアも即時算出してくれます。

予測スコアの制度に議論の余地はあるものの、スタディサプリにはない面白い機能です。

【結論】正攻法で着実にスコアアップするならスタディサプリ

TOEIC女子

自分で買った教材やってると、答え合わせだけして、どんどん先の問題解いちゃうんだよね。

じょーだん

気持ちはわかるw

だけど、TOEICって1問ずつじっくり取り組まないとスコアって中々上がらないんだよね。

少し極端ですが、スタディアプリTOEICならば、順番通り問題とトレーニングメニューをこなしていけば、何も考えなくともスコアが上がるようにできています。

トレーニングメニューに設定はabceed proにはないので、スタディサプリTOEICならではの特徴です。

abceedに関する補足

abceed proの教材使い放題(150冊以上)は本当にお得?

TOEIC女子

教材使い放題機能すごい!

じょーだん

うーん、、それが思ったよりコスパ悪いって話もあってさ。。

そもそも論、本気で一つの教材をやり込もうと思うと、1ヵ月で1冊が限界じゃない?

TOEIC女子

う~ん、そんな気も…。じゃあこの機能は意味ないの?

じょーだん

いや、もちろん便利な時はあるよ。

自分に合う教材がよくわからない時に気軽に色んな教材試せるのは便利だよね!

というわけで、一般的にコスパいい!スゴイ!と言われているabceedの教材使い放題ですが、筆者はそこまで価値を感じませんでした。

理由は上記の通り、「いや、、そんなに沢山の教材使わないよ!」というものです。結局使う教材は偏ってきますしね。。

お試しで色んな教材を試せるという点では魅力はあるのですが、コスパに魅力を感じて abceed proを使うということであれば、ちょっと違うんじゃないかな?というのが筆者の感想です。

まず「150冊以上の教材使い放題」ですが、そもそも論、一か月にやり込める教材の数はそこまで多くはないので、実はそこまでコスパよくありません。

abceedは無料で使う分には神アプリ

教材を固定した場合、abceedではかなり効率的に一つの教材をやり込むことができます。

例えば、TOEICの超定番教材「でる1000」などもabceedを活用することでかなり効率的にやることができます。

ただ、この場合はabceed pro(有料プラン)を契約する必要はなく、フリープランのアプリ内購入で「でる1000」を買った方がコスパはいいです。

具体的なやり方などの詳細は以下の記事にまとめていますので、興味のある方はご参照ください。

まとめ:まずは無料体験がおすすめ!

この記事ではスタディサプリとabceedの特徴を踏まえた上で、筆者としてはスタディサプリが多くの人におすすめできるということをお伝えしました。

この記事のまとめ

スタディサプリは正攻法で着実にスコアアップを目指したい人におすすめ!

abceed proはAIを活用した勉強法を試したい人におすすめ!

スタディサプリ推しの筆者ではあるものの、両方とも無料体験可能です!

是非ご自身でも体験してみてください!

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

abceedの無料体験はこちら!