TOEIC対策

転職活動でTOEICスコアは意味ない?転職成功事例から考察!

  • 転職活動でTOEICスコアは意味ないって本当?
  • サラリーマンはTOEICスコア何点くらいを目指すべき?
  • おすすめのTOEIC勉強法は?

この記事ではこんな疑問を解決します。

結論、募集要項にTOEICスコアが設定されているような企業への転職活動でもTOEICスコアは意味ないことがあるのは事実です。

が、そもそも募集要項にTOEICスコアを設定しているような企業では、昇格条件などにTOEICスコアが盛り込まれていることもあるので、「転職活動でTOEICスコア意味ない=対策不要!」ということにはなりません。

そこでこの記事ではTOEIC劣等生でも転職を成功させた私や似たような経験を持つ友人たちの体験談を元に「転職活動でTOEICスコアは意味ないこともあるけど、結局は超重要」という結論に至った経緯を解説したいと思います。

記事後半ではTOEICで800点以上を目指するためのおすすめ勉強法も紹介しますので、是非最後まで読んで行ってください。

転職成功者の事例

まずは転職成功者のTOEICスコアと簡単なプロフィールをみてみましょう。

事例1:TOEIC660点で700点必須の企業に転職したA氏

A氏のTOEICスコアとざっくりとした経歴は以下の通りです。

  • 30代中盤
  • TOEICスコア 660点
  • メーカ勤務
  • 事務職としての工場での実務経験 7年
  • 本社での企画業務経験 4年
  • 海外赴任経験 1年

海外赴任経験があるというのが一つポイントにはなりますが、実際そこまで語学力に自信のないA氏は面接で海外赴任経験にはほぼ触れず、現場と本社でそれぞれどんな成果を出し、それが転職先企業で活かせるかをアピールしました。

当然にもTOEICスコアには極力触れないようにしていたようです。

結果、A氏は誰もが知っている日系グローバルへの転職を成功させました。

尚、A氏はリクルートキャリアを通じて転職を成功させたようです。

事例2:TOEIC400点で550点必須の企業に転職したB氏

B氏のTOEICスコアとざっくりとした経歴は以下の通りです。

  • 30代前半
  • TOEICスコア 400点
  • 営業経験後、資材調達へキャリアチェンジ
  • 半導体としての営業経験 4年
  • 資材調達として海外取引先(主に半導体関係)との交渉経験 2年

B氏はTOEICスコアは低く、語学能力も低いという自覚があるようですが、Google翻訳などを駆使し、海外の取引先とやり取りをしていたようです。

面接では自身が一貫して半導体産業を関わっており深い知見を持っていることをアピールし、彼もまた誰もが知っている日系グローバル企業への転職を成功させました。

尚、B氏はビズリーチを通じて転職を成功させたようです。

事例3:TOEIC600点で700点必須の企業に転職したC氏

C氏のTOEICスコアとざっくりとした経歴は以下の通りです。

  • 30代前半
  • 海外留学経験あり 1年
  • TOEICスコア 600点
  • 事務職での実務経験 2年
  • 役員のスタッフ業務経験 2年

C氏はTOEICスコアが高いわけではありませんが、海外留学経験があり、役員をサポートしするスタッフとしての経験も持っているとのことでした。

面接では役員に近い場所で仕事をしていた経験をアピールし、日系グローバル企業への転職を成功させました。

転職活動でTOEICスコアは意味ない?

というわけで、結論、募集要項にTOEICスコアが設定されているような企業への転職活動でもTOEICスコアは意味ないことがあるのは事実です。

というのも、事例に紹介した通り、募集要項のTOEICスコア未達でも、転職活動に成功する人は世の中に存在するからです。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのは、転職成功者には「海外赴任経験」「海外取引先との折衝経験」「海外修学経験」など、TOEIC以外での英語の関りがあった点です。

こういった経験は普通「TOEICで一定のスコアがある前提で」経験できるものなので、彼らの例は特殊であると言わざるを得ません。

また、彼らは転職に成功した後に、「結局、TOEIC対策必要になった」と口を揃えて言っています。

転職後もTOEICスコアが重要となる理由

なぜ転職後にTOEIC対策が必要かというと、「昇格の条件となっているから」です。

TOEICスコアは客観的な指標として、なんやかんや社内での人事評価にはよく使われます。

筆者自身、上司から「うちの会社ではTOEIC最低は800点、理想は900点ないと周りとの違いをアピールできないよ!」と言われました。

また、転職前の会社でも「TOEICスコア800点以上は優遇される」という隠し制度のようなものがありました。

つまり、TOEICスコア未達で転職活動を成功させたからと言って、その後も安泰とは言えないのです。

おすすめのTOEICスコア

日系企業に勤めるサラリーマンにおすすめのTOEICスコアは800点です。

稀に900点以上が必要なケースもありますが、とりあえず800点を持っておければ、転職活動や社内昇進で引っかかることはなくなると考えで良いでしょう。

おすすめのTOEIC対策法

サラリーマンにおすすめなのは隙間時間にスマホでTOEIC対策ができるスタディサプリです。

筆者はスタディサプリTOEICのおかげで800点超を達成することができました。

更に詳しく理由を知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

まとめ

結論、募集要項にTOEICスコアが設定されているような企業への転職活動でもTOEICスコアは意味ないことがあるのは事実です。

が、そもそも募集要項にTOEICスコアを設定しているような企業では、昇格条件などにTOEICスコアが盛り込まれていることもあるので、「転職活動でTOEICスコア意味ない=対策不要!」ということにはなりません。