Tips

TOEICのメリット・デメリットを800点超の社会人がまとめてみた

自己啓発の一環として、TOEICの勉強をしようとしていませんか?

  • そもそもTOEICのスコアを上げるメリットはある?
  • 何点くらい取ればいいの?
  • 英語ペラペラになれる?

この記事ではこれらの疑問を解決します。

ちなみに一般的にはTOEICでスコア800点超えを達成することができれば、社内や就職・転職市場での自分の評価を「一段」高めることができます。また、TOEICの勉強では英語基礎力の向上が見込めるので、英会話などにも活かすことはできます。

しかし、スコアが800点を超えた後に勉強を続けても、そのスコアが使える場面は限定的ですし、英語ペラペラになることもできません。また、スコア800点に到達しなくとも、600~700点で必要十分なこともあります。

つまり、効率よくTOEICのスコアを上げるメリットを享受するためには、ゴール設定が大切です。

この記事ではこれらを具体的に解説していきますので、TOEIC対策をこれから始める人の参考になればと思います。

※ちなみにTOEICだけを勉強していても、残念ながら英語ペラペラにはなりません!

TOEICスコアを上げるメリットは3つ

そもそもTOEICスコアが上がるとどんなメリットが考えられるのでしょうか?

結論としては以下3つのメリットに集約されます。

  1. 就職・転職市場で有利に
  2. 社内評価が上がる(年収も上がる!?)
  3. 英語の基礎力を高めることができる

一つずつ解説していきます。

①就職・転職市場で有利に

上場企業の7割はTOEICのスコアを採用活動の参考にしているというデータがあります。

つまり、ハイスコアを持っている人は就職活動を有利に進めることができる可能性があります。

例えば、もしあなたが900点以上のスコアを持っていれば、就職・転職での面接でアピールポイントとなるでしょう。

また、700点~800点で魅力を感じてくれる企業もあるでしょう。

600点程度だとあまりアピールにならないかもしれませんが、最低限の英語力を持っているという証明にはなるでしょう。

企業によって基準は様々ですが、ハイスコアを獲得していれば選考を有利に進める可能性が高まります。

TOEICのスコアが最も価値を発揮するのは就職・転職市場といっても過言ではないでしょう。

じょーだん

実は僕も最近転職活動やったんだけど、大体TOEICスコアは聞かれるよね…。

②社内での評価が上がる(≒年収も上がる!?)

入社後にTOEICスコアを上げることで社内の評価が上がり、それが年収アップにまで繋がる可能性があります。

「TOEICスコア800以上でないと昇進不可!」「海外赴任には650点が絶対条件!」という話は都市伝説ではなく、実際にあります。

というか、筆者の働いていた会社(某一部上場企業)がまさにこのような制度を取り入れていました。

例えば筆者の場合、入社時TOEICスコアは300点程度でしたが、650点獲得したことにより、海外赴任者に抜擢されました。海外赴任は言うまでもなく給料が高いです。

また、TOEICスコア800点がないと幹部候補枠に入れない、、という噂もあり、いずれにせよ、TOEICスコアが社内での評価、ひいては社内でのキャリアプランや年収アップに繋がるケースは実際にありえます。

じょーだん

どれくらいTOEICスコアを重視するかは会社によりけりだと思うけど、少なくとも社内での評価が上がるキッカケにはなりそうだよね。

③英語の基礎力を高めることができる

TOEICのスコアを上げるためには正しい文法知識や語彙力が必要となります。

つまり、就職・転職市場や社内での評価を上げていく過程で英語の基礎力を高めていくことができます。

まさに一石二鳥、というわけです。

また、TOEIC学習で得た英語の基礎力は英会話に活かすこともできます。

たまに「TOEICは英会話には使えない!」という人がいますが、正確には「TOEICだけで英会話ができるようにはならない」です。(もちろん英会話の勉強も必要です)

「英会話のためにTOEICやる!」と言われてしまうと、「え???」と思ってしまいますが、「将来の英会話に備えてTOEICで基礎固めをしたい!」であれば、作戦としてはアリです。

なぜなら、TOEIC(基礎固め)には終わりがありますし、基礎力を高める過程で社内外の評価を高めることができるからです。

じょーだん

当面英会話の必要性がないのであれば、TOEICを優先して基礎を固めるのはアリだと思うよ!

TOEICスコアの目標はどのように決めるべき?

一般的には800点が一つのゴールと言われているTOEICのスコアですが、個々人によって必要なスコアは異なります。

TOEICを就職・転職活動を有利に進めたいのか?

社内の評価を上げたいのか?

それとも単に基礎力を上げたいのか?

TOEICへの期待をなるべく明確にして、目標スコアを設定しましょう。

就職・転職に活かすと言っても600点や700点で必要十分なこともあります。

その一方で社内での評価を上げるために900点が必要なパターンもあります。

ゴール設定が明確でないとモチベーションが維持できなくなってしまう可能性もあるので、かなり大切です。

もちろん迷ったら800点を目指すのも一つの答えです。

じょーだん

僕の場合、上司から「900点取っておいた方がいいよ」ってサラッと言われて、まぁまぁ大変w

TOEICおすすめの勉強法

続いておすすめのTOEIC勉強法ですが、筆者はスタディサプリを推しています。

理由はいくつかありますが、スキマ時間で効率よく勉強を進めることができるからです。

筆者自身、スタディサプリで650点前後だったスコアを800点超まで伸ばすことができました。

まとめ:TOEICはメリットあり!ゴール設定も忘れずに!

この記事ではTOEICスコアを上げることで得られるメリットやゴール設定の大切さを解説しました。

この記事のまとめ

TOEICのスコアを上げるメリットは3つ

  1. 就職・転職市場で有利に
  2. 社内での評価が上がる(≒年収も上がる!?)
  3. 英語の基礎力を高めることができる

目標スコアはゴール設定に応じて決めるべき

筆者は900点がノルマで苦しんでいる最中(2021年7月現在)

おすすめのTOEIC勉強法はスタディサプリ

これからTOEIC対策を始める人の参考になれば嬉しいです。ではでは。